根管治療

ENDODONTOLOGY 根管治療

  • Top
  • 根管治療

根管治療とは

根管治療とは、歯の内側にある「根管」と呼ばれる部分に入った細菌を取り除く治療のことです。根管の中には歯髄(歯の神経)が通っています。むし歯が進行し根管に細菌が入り込むと、痛みや腫れを引き起こします。原因となる細菌を取り除き、そうした症状を鎮めるのが根管治療です。
  • 根管治療の方法

    むし歯の進行が進むとむし歯の病巣部を削るだけでなく内側の神経のある部分(根管部分)の治療が必要になります。はじめに根管内の細菌に汚染された神経を取り除きます。根管内の形状は人によって異なるため、細心の注意を払いながら隅々まで細菌を取り除きます。根管内に細菌が残っているとそこから腫れや痛みが再発するリスクが生じるため、しっかりとした処置が必要です。次に、洗浄を終えてきれいになった根管の中に薬剤を詰めていきます。根管内に細菌が増殖しないよう隙間のないようにきっちりと詰めていくことが大切です。
    根管治療の原因

当院の根管治療の特徴

  • 01歯科用CTを使用した正確な診断

    最新のCTを設置しています
    当院では、通常のレントゲン写真では発見が困難な神経の中の構造と病巣の広がりや大きさを正確に把握し、診断・治療を行うために、歯科用CTを治療に際して撮影します。低被曝・高解像度のドイツ製のCTを使用し撮影を行うことによって、複雑な神経の構造を立体的に把握することが可能になります。
  • 02歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用した精密根管治療

    歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)があります
    歯の神経の治療は、肉眼では見ることの出来ない歯の内部の治療になります。そこで当院では、肉眼の約20倍まで拡大して歯の内部構造を確認できる歯科用顕微鏡を導入しています。現在、日本ではマイクロスコープの普及率は約10%以下、実際の稼働率は約5%以下と言われていますが、アメリカの根管治療専門医では神経の治療の際には100%使用している必要不可欠なものとなっています。
  • 03無菌的処置と再感染予防

    ラバーダムを使用し感染を防ぎます
    根管治療後の再感染を予防するには、根管内の細菌を徹底的に除去し緊密に封鎖する必要があります。当院ではラバーダムというゴム製のシートを使用し、歯の内部に細菌が侵入することを予防します。また、ラバーダムにより治療中に使用する薬液から粘膜を保護したり、器具の誤嚥・誤飲を防ぐことが出来ます。また、最終的に根管内を封鎖する際にはバイオセラミックという細菌の増殖を抑え、封鎖性・生体親和性の良い材料を用いることによって、再感染の予防に努めます。

歯の神経から改善したい方はぜひ当院へ

治療中の写真
表面だけを治療するのではなく、歯の神経からしっかり改善したいという方は、ぜひ当院へご来院ください。当院では、顕微鏡を使用した精密な根管治療で大切な歯を守ります。