予防歯科

PREVENTIVE DENTISTRY 予防歯科

  • Top
  • 予防歯科

予防歯科とは

予防歯科とは、むし歯や歯周病などを発症しないように、健康なうちから病気の予防を行うことを言います。予防歯科には、歯科医院での歯磨き指導や予防処置を指す「プロケア」と、歯科医師や歯科衛生士の指導を受けたブラッシングなどを自分で行う「セルフケア」の2つがあり、それらを組み合わせて行うことがむし歯や歯周病の発症を予防すると考えられています。また、歯科医師による定期的な健診も大切です。痛みなどの自覚症状がなくても、半年に一度はチェックを受けるようにしておくと安心です。

当院の予防歯科について

  • 01マイナス1歳から始める予防歯科

    小さい時から予防歯科をしましょう
    生まれたばかりの赤ちゃんにはむし歯菌が存在しません。感染の窓と言われる1歳半〜2歳半の間に、家族などからむし歯菌が赤ちゃんにうつるかどうかで、将来のむし歯リスクが変わってきます。そのためには父母を含めた家族の口の中の環境を整える必要があります。そのためには赤ちゃんが生まれる前より定期的な歯科受診により家族の口の中を整え、幼児期から小児期にかけてしっかりと歯の健康を守り、骨格の成長を促していくことは、将来的に大きなプラスとなります。
  • 02必要最低限の治療で歯の寿命を伸ばす

    最低限の治療で歯を長持ちさせましょう
    予防先進国のスウェーデンでは、日本と比較し歯の寿命が長いことが知られています。近年のデータでは80歳における平均の歯数が日本と比較し約8本多いという結果になりました。その理由として挙げられるのが、日本では「歯が痛くなってから治療する」人が多いのに対し、スウェーデンでは小さい時から歯科医院に定期的に通院し「歯が悪くなるのを予防する」というスタンスの違いと言われています。当院ではなるべく治療なく、自分の歯で一生を過ごせるようにサポートしていきます。
  • 03日本でも予防歯科が普及してきています

    予防歯科が普及してきています
    これまで長らく、予防歯科は保険適用外とされてきたため、治療を受ける場合の費用は患者自身がすべて負担しなければならなかったのです。
    しかし、日本でも定期的に歯科受診をすることにより口の中の健康を守る「予防歯科」の概念が広がるにつれ、歯のクリーニングを含めた予防歯科に該当する治療も保険適用の対象となりました。予防歯科の普及によって、スウェーデンや欧米と同様に一生涯、歯を削ることなく自分の歯で生活ができるようにしていく必要があります。

将来の歯を1本でも多く残したいならぜひ当院へ

将来の歯を1本でも多く残したいならぜひ当院へ
自分の大切な歯を将来1本でも多く残したいと思うなら、ぜひ当院にご相談ください。
当院では予防歯科にも力を入れて取り組んでおります。継続的なケアでむし歯や歯周病などのトラブルを防ぎましょう。