インプラント治療

IMPLANTOLOGY インプラント治療

  • Top
  • インプラント治療

インプラント治療とは

インプラント治療とは、何らかの原因で歯を失ってしまった場所に人工の歯根(インプラント)を埋め込んで歯を補う治療方法です。これまではブリッジや入れ歯で失った歯を補う処置が主流でしたが、近年はより自分の歯に近い感覚で欠損箇所を補えるインプラント治療を受ける人が増えています。
  • インプラント治療のメリットとは

    インプラント治療とはむし歯や歯周病で歯を失った場合に、人工歯根(インプラント)を埋めて歯を作る方法です。
    従来の治療ではブリッジや入れ歯など、隣の歯を全て削ったり入れ歯のバネをかけたりと結果的に隣の歯の寿命を縮める治療法しかありませんでしたが、インプラント治療の安全性が確立されたことで、両隣の歯を全く触ることなく」「自分の歯があった時と同じような見た目と噛み心地・話やすさ
    で生活が出来るようになります。特にかむ力の点では入れ歯では自分の歯の約20〜30%しかかむ力を出せないのに対して、インプラントでは約90%と言われています。
    一方、デメリットとしては外科処置が必要である、自分の歯と同様にメンテナンスを怠ると感染を引き起こす可能性があるなどの点があります。
    インプラント治療
  • 当院のインプラント治療の特徴

    • 01最新式CT・シュミレーションソフトを使用した正確な診断

      インプラント治療計画
      当院では歯を残せるのかどうか、インプラント治療は可能なのかの正確な診断を行うために、低被曝で高解像度のドイツ KAVO社のCTを使用しています。また、実際にインプラントをどの位置に入れるのが一番長持ちするかを正確にシュミレーションするためのシュミレーションソフトを導入しています。
    • 02難症例でもインプラントが可能(GBR・サイナスリフト)

      難しい症例でも対応します
      患者様の中には他院で骨が少ないからインプラント治療は出来ないので入れ歯にしましょうと言われ、生活に不自由を感じながらも入れ歯を使っている方が多くいます。当院ではインプラント経験豊富な口腔外科認定医ドクターが常勤していますので、他院で断られた患者様でも骨や歯茎を増やす処置を行なうことによってインプラント治療が可能となります。
      *右写真:骨造成術(サイナスリフト)術前後の比較CT写真
      患者様は右上の歯にインプラント希望で来られました。他院では骨が2mmしかないのでインプラントは出来ないとの診断でしたが、骨造成術(サイナスリフト)を行うことで骨の高さを14mmに増やすことが出来、インプラントが可能となりました。
    • 03安全・安心のインプラントメーカーを使用

      インプラント ストローマン
      現在、歯科インプラントメーカーは世界で数百社以上存在するといわれています。インプラントメーカーの中には価格が安いが安全性が確立されていなかったり、十分な研究がなく科学的根拠がないインプラントも存在するのが現実です。当院では世界シェアNo. 1で、安全性と長期的な安定性が確立されたストローマン社製のインプラントを使用しています。
    • 04顕微鏡を用いた精密な治療

      歯科用顕微鏡(マイクロスコープ)を使用します
      治療した歯を長持ちさせるためには繊細な処置が必要です。そのために必要なのは顕微鏡(マイクロスコープ)などを使用した拡大視野での治療です。特にインプラントを長持ちさせるためには骨や歯茎に対してなるべく侵襲の少ない治療をする必要があるので、拡大視野でのでの処置が必要になります。
    • 05鎮静法で治療を受けることが可能

      鎮静法にも対応しています
      インプラント治療には歯肉の切開や骨を削るなどの外科処置が必要になるので、恐怖心からインプラント治療を諦められる方も多くいるのが現状です。当院では、インプラント治療などの外科的な処置に恐怖心がある方に鎮静法(鎮静剤を点滴することでリラックスして治療を行う方法)を行なっております。鎮静法では眠くてウトウトしている間に処置を行い、目が覚めたら処置が終わっている方法です。心電図や血圧、脈拍をモニターしながら処置を行います。

    インプラント治療の流れ(診査・診断・手術・メンテナンス)

    初めて来院される方・カウンセリング
    初めて来院された方やインプラント治療を希望される方には、まず現在の口の中の悩み、不安、希望などを詳しくお聞きします。当院では完全個室となっておりますので、別の患者様にお話を聞かれることがないように配慮しています。
    精密検査(レントゲン・CT撮影・歯周病検査)・プランニング

    各種検査結果と患者様の希望に基づいて、インプラント治療計画を立案していきます。
    このステップがインプラント治療の成功に重要なステップになります。
    手術前処置

    検査結果によりむし歯や歯周病が見つかった際には、治療に先立ち口の中の環境を整える治療を行います。
    またインプラント治療を行うにあたり、骨が不足している場合には骨を増やす処置を行う場合があります。
    手術当日(インプラント体埋入)

    インプラント体を顎の骨の中に入れる処置を行います。なるべく痛みがなく、スピーディーな手術を行います。
    手術が不安という患者様には静脈内鎮静法(点滴から鎮静剤と痛み止めの薬を入れ、ウトウトした状態で治療を行う方法)にて治療を行います。
    上部構造(被せもの)の作製・装着

    インプラント体と骨が結合した後、被せ物を作製して行きます。(上顎で約4-6ヶ月、下顎で約2-3ヶ月待機期間があります。まず、噛み合わせ確認用の仮歯(プロビジョナル)で噛み合わせを確認した後、最終の被せ物を装着します。
    メンテナンス

    治療したインプラントが生涯に渡って使用出来るよう、定期的なメンテナンスは必須になります。
    メンテナンスを怠るとインプラント体の周囲に細菌が感染し、歯周病と同じようにインプラント体が抜け落ちたりとトラブルになる場合があります。当院ではインプラント専用のメンテナンスプログラムも充実していますので、治療後の確実なアフターフォローをお約束します。

    美しくしっかり噛める歯を手に入れたいならぜひ当院へ

    綺麗でしっかり噛める歯を手に入れたいならぜひ当院へ
    歯の健康は体の健康に直結しています。
    当院では綺麗でしっかり噛める歯を手に入れるための治療を行っています。
    インプラント治療にお悩みの方は、ぜひ当院にご相談ください。